WS000060.jpg

年金生活一人暮らしの親への支援17

母が65歳になり、昨年から年金生活に。母は仕事をしていたものの、成人以降、契約社員、パートタイマーで数々の職種を渡り歩き、これまでいわゆる「正社員」の勤務経験のない人でしたので、年金はもちろん老齢基礎年金部分のみの支給です。幸い、年金は真面目に納めてきたきたので満額の支給のようででが、時々話題にも上る通り、年金だけで生活するには実に心もとない金額。年間で72万円程度の支給なのです。母は現在、アパートで独り暮らし。就職は仕事が見つけられず、年金以外の収入確保が難しい状態です。年金は単純計算で月に6万円ということになりそうですが、支給時には「介護保険」が差し引かれ、実際に手にてできるのは5万5千円程度だそうです。そして、国民健康保険料の支払いが年間1万5千円程あるそうです。アパート賃料を引くと、手元に残るお金は2万数千円。食費込です。もちろん、私にできることはするつもりで、家賃の一部を援助して、母の手元に残る「現金」が少しでも増えるようにしています。スーパーで食品をまとめて買い、独り暮らしの母が消費できる量を分けたりして、自分でも負担に感じないけれど支援できていると思えるやり方を模索していますが、母の気持ちを考えると時々泣きたくなります。
自動車ローンの金利は低金利で?マイカーローンを利用する前に確認